ニュース・制度解説

発熱症状・コロナ陽性がでたとき、濃厚接触者となったとき、支援給付チャート

発熱症状・コロナ陽性がでたとき、濃厚接触者となったとき、支援給付チャート

 Twitterの方でつぶやいた画像をこちらでも。身近、もしくは自身にコロナが発生したとき、頼れる可能性がある支援給付判定チャートです。

きっかけは岡先生のこちらのツイート

https://twitter.com/okayokay0214/status/1492650548624904194?s=20&t=dGTCGnpiEhyX-O3OUXtdgg

 制度があるにも関わらず必要な方へ中々情報が届きにくいのだなと思いトップ画像のチャートを作成しました。
(知ったところで申請が大変なんだよって話もあると思いますが……)
 以下、傷病手当金・労災保険給付・休業支援金について少し補足します。

傷病手当金

 自分が協会けんぽか健康保険組合か不明な場合は健康保険証を見てください。 健康保険証
 上のイメージは協会けんぽの健康保険証ですが、保険者名称の記載を確認して、その記載の保険者での申請方法を確認してください。
 なお、協会けんぽの場合は、申請書に事業所と医師等に書いてもらう欄があります。

労災保険給付

 業務上感染し、休業した場合は労災保険の休業補償給付(1日あたりざっくり日割賃金の8割)が受給できる可能性があります。
 請求手続きは基本的には労働者自身で行いますが、困難な場合事業主が助力することとなっています。
 医療従事者のほかにも、小売の販売員さんや飲食店店員さんにも業務上と認められた事例があります。
 問い合わせ先は労働局・労働基準監督署になります。

休業支援金

 正式名称を「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」といいます。
 勤め先が時短・休業になったが休業手当が出ない、濃厚接触者となり自宅待機となったが休業手当がでない、そういった場合に利用できる支援です。
 申請は労働者だけでも行えますが、事業主が協力することで審査が早く進みます。事業主の金銭的負担はありません。
 問い合わせ先は専用のコールセンターとなっています。